セフレ募集|セフレができない人の為のアプリまとめ

セフレを作ることって実は簡単なんです。でも出会えない出会いアプリを使ってしまうと全く会えません。セフレができない人たちの為にセフレ募集で確実に相手ができるアプリを実体験を元にランキングにしているサイトです。

 

1位 ハッピーメール

総合評価:★★★★★


 

2位 PCMAX

総合評価:★★★★★


 

 

アプリを通じて心も体も相性抜群のセフレと出会えました

私が今まで出会った人の中で、一番魅力的だったのは9つ年上の方です。私にとっては初めてのセフレでした。
彼と出会ったのはとあるアプリで、お互いに気の合う仲間を探しているところでした。何度かメールでやりとりをしてみたところ、とても話が合うし共通の趣味もあったので、会おうということになりました。
その日は夕食を一緒にしようという約束だったので、内心私はちょっと期待してしまっている所がありました。既に写真のやりとりも済ませていたし、それとなく気持ちも伝え合っていたので私の中ではセフレができたような気分でした。前日に選んだ下着を着て、約束の場所へ。彼は既に待ってくれていて、期待以上の魅力が溢れる人でした。ディナーもとても楽しくて、お互いに離れがたい雰囲気に。そのままホテルへ向かいました。
セフレが初めての私、シャワーを済ませた後は恥ずかしくて布団にくるまって待っていました。そっと近づいてくる気配に体がこわばってしまったけれど、優しいキスをくれた彼の手はそっと毛布の隙間から私の体に触れてきました。
脇腹をやさしくなでてくれたので、思わず「あ・・・」と声が漏れてしまい、また恥ずかしくなって赤面してしまいました。
その声がきっかけになったのか、彼はキスをしながら私の乳首を指でくるくると回しつつ、時々ぎゅっとつまんできました。
そして、その指は私の一番敏感な部分へ。もう既にびしょびしょに濡れてしまっていて、恥ずかしくてぐっと足を閉じていたんですが、彼の指はなんなく私の足をほどき、指が入ってきました。
ものすごく気持ちがよくて、どうにかなってしまいそう・・・だんだんとその指が増えていき、それでもなんだか物足りないと感じ始めた時に、彼が「いくよ・・・」と。その瞬間、とても大きなものが私の中に入ってきました。頭の奥がしびれるような感覚で、声が我慢できなくなって思いっきりあえいでしまいました。その後、何度イッてしまったかわかりません。
何度も色々な角度で突かれて、記憶が飛んでしまうほど気持ち良かったです。
アプリで出会った彼でしたが、本当に体も心も相性が良くて最高でした。アプリでの出会いも悪くないなと思った経験です。
東京・30代・女性・販売

 

アプリで見つけたセフレとセックスに溺れた仲になりました

セックスに溺れた生活をセフレ同士で送りたい。そう思った私は出会い系アプリで適当な女性を探すことにしました。セフレとのセックスは無料風俗みたいなものなので、もう少し踏み込んだセックスから始まるセフレを求めました。
アプリにアクセスするとセフレ募集としている女の子をターゲットにしてアプローチ開始です。
25歳の会社事務員をしている子が、「彼氏居なくて寂しい、一緒に遊んでくれてHもしてくれる人募集中」とありました。この子とやり取りが進んで実際に会うことになりました。私はセフレという言葉に淫靡な物を感じていたので、とても期待しました。
出会って即セックスとは違った雰囲気でデートは進みました。と言っても最終目的はお互いにセックスなので、焦らずとも自然とホテルに誘えます。
そして、そろそろだと思ったタイミングでホテル街に向かいました。彼女はとても華奢な体つきをしていたのですが、胸の大きさは立派なものでした。実際デート中から気になって仕方なかったその膨らみを遠慮無く揉みしだきました。顔を埋めました。乳首に吸い付き彼女の反応を楽しみました。
可愛い反応を見せる彼女のアソコは既に大洪水で、ヌルヌルした感触を指に絡めてその指をクリトリスに当てて軽く擦ってやると、彼女は身体を反り返して喘ぎ声をあげます。
上も下も反応の良い彼女ですが、今度は指をアソコの中に入れてクリと中を同時に責めてやりました。それを続けていると早く入れてとせがんできたので、一気に私のモノで突き上げてやりました。
しなやかな彼女の身体が上下に揺れ、オッパイがタップンタップンしてます。私は激しいピストンを繰り返した後は、オッパイに吸い付きながらゆっくり深く突き刺し、また激しくを繰り返しました。そして、彼女にキスをしながら果てました。
それ以降、出会い系アプリで見つけた彼女とは、週1ぐらいであってセックスデートしてます。
愛知県、30代、男性、会社員

 

まさかの3人プレイ

私のセフレとの体験は、2人の男性から攻められるというものでした。
アプリを通じて知り合った男性Aさんと出会う約束をしていたところ、Aさんが
友人である男性Bさんを連れてきたのです。

 

Aさんとの出会いは、掲示板アプリがきっかけでした。
あまりアプリでの出会いをしたいとは思っていませんでしたが、セフレが
作りたかったという思いがありました。
Aさんは話しやすく紳士的な方で、友人も多いようでした。

 

私がAさんの友人に興味を持ったため、出会う約束をしたときに連れてきたというのです。
そして3人でホテルに入ることになりました。
二人とも顔はそこそこ格好良かったのでセックスしてもいいかなという気がしました。

 

セックスは何回かしたことがあるけれど、2人に攻められるという体験はしたことがなかったので
非常に興奮しました。セフレが一気に二人できた感じがして、男性に囲まれるのは気分が良かったです。
Aさんにはバイブで秘部をいじられ、Bさんには胸や乳首をいじめられました。
二人とも何度もセックスをしているらしく、私が気持ちいいと感じるところを探し当てるのが上手でした。
何度もイきまくり、顔射をされたり潮吹きしたり、お互い愛液と精液でぐちゃぐちゃでした。
特に二人は私の喘ぎ声が好きなようで、Aさんが私を後ろから突き、それを見ながらBさんが
オナニーをするということもありました。
中出しも何回かされた気がします。

 

アプリでできたセフレとその友人とのセックスは刺激的でした。
今度は二人きりでゆっくりセックスしたい気がします。
群馬県 30代 女性 自営業

 

出会いアプリで女性と会っている内にセフレが出来てしまいました

私は生来の女好きで、妻と結婚してからも出会いアプリを使って女性と会っていたのです。
毎日同じものを食べていると飽きるのと同じように、妻とだけ愛し合うよりも、別の女性とも愛し合った方が、妻の事をより愛せると思いました。
私はその考えを元に、出会いアプリでセフレ募集して次から次へと女性と関係を持ち続けました。
この様な事を出会いアプリを通じてしていましたから、自然の流れでセフレが出来てしまったのです。
彼女とは出会った時に気が合い、そのままラブホテルへと足を向けました。
ラブホテルの部屋に入ると私たちは、ベッドの傍らに座りキスを交わしました。
そして私は服の上から彼女の胸を揉み始めたのです。
するとどんどん彼女の息遣いが荒くなり、時折喘ぎ声を挙げるようになりました。
私はその声を聞いて興奮して、片手を彼女の太ももへと移動させたのです。
太もものすべすべした感触を味わってから、私は手を割れ目へと移動させました。
下着をズラし、割れ目を指でくちゅくちゅし始めました。
すると彼女は大きな喘ぎ声を挙げ始め、私の指の動きも激しくなったのです。
彼女の声と香りと指の感触で興奮がマックスになった私は、彼女の服を素早く脱がし、剥き出しになった割れ目にはちきれんばかりの肉棒を挿入したのです。
そして何も考えずに腰を動かし続けました。
しばらくすると彼女は大きな喘ぎ声を挙げてイキ、私も後を追うように彼女の中でイカセテもらいました。
私たちはこのエッチで一気にお互いの事が好きになり、セフレ関係と成ったのです。

セフレが出来た後私は、ご飯とおかずを交互に食べるように、妻とセフレを交互に愛し、二人の女性を飽きずに愛し続けているのです。
「茨城県|30代|男性|会社員」